Smartsheetの次なる進化がやってくる

いざ仕事となったとき、私たちはあなたがやりたいことを実現するためのお手伝いをします。自分で全てやり遂げようとするのではなく、手元にあるツールを使ってよりスマートに進めてみてはいかがでしょうか。2023年は、Smartsheetを使うことで作業が簡単で迅速になり、自分のやりたいことにもっと多くの時間を割けるようになる、と思い描いてみましょう。

私たちは常に新しい機能をリリースし、あなたが既に手にしているものでさらに多くのことができるようにしています。目標は、お客様が常に最新情報を把握できるようにすることです。そのため四半期ごとにお知らせして、今後数カ月で予定されていることと、それが何を意味するのかをご説明します。

Smartsheetの次なる進化がやってきます。時間を節約し、作業を簡単にし、効果的に共同作業を行い、仕事についてますます多くの洞察を得られます。進化の内容は次の通りです。

仕事の検索、整理、アクセスがより早くなります

  • デスクトップアプリ:Smartsheetの作業と関係のないブラウザータブを無数に開いていると、気力を失いがちで集中するのが難しくなります。そんな時はSmartsheetデスクトップアプリを使って、デバイスのタスクバーから直接Smartsheetにアクセスしましょう。デスクトップアプリをダウンロードして、Smartsheetアイテムをタブで整理し、通知で最新の状態に保って、気を散らすことなく作業してください。今すぐに利用できます。
  • 新Workspaceパネル:新Workspaceパネルは、作業のコンテキストを失うことなく、Workspace内のシート、ダッシュボード、レポート間を移動できるよううにしてナビゲーションを簡素化し、チームコラボレーションを強化します。近日公開予定。
  • コンテキスト作成:さまざまな種類のSmartsheetアイテムを、ワークスペース内で作成できるようになります。近日公開予定。

他の人が取り掛かっている作業や、終わらせるべきことを簡単に確認できる

  • Resource ManagementのCapasityビュー:SmartsheetのResource ManagementのCapasityビューにより、組織は各チームの余裕と稼働率を素早く把握できます。そして、これらの洞察は行動につながります!例えば、プロジェクトマネージャーやポートフォリオマネージャーは、誰が新しい仕事を引き受けられるのかを迅速に把握し、リソース配分のホットスポットを特定して、採用ニーズをより的確に予測できます。近日公開予定。
  • Work Insightsのバーンダウンチャート:バーンダウンチャートは、情報をグラフィカルに表示することで、プロジェクト完了までの残り時間と、残りの作業を簡単に視覚化できます。Enterpriseプランのユーザーのみ。近日公開予定。

誰もが簡単に、美しい仕事ができるようにする

  • よりよいダッシュボード:ダッシュボードでより多くのことができるようになります。ダッシュボードの背景にカスタムカラーを使ってブランドを表したり、アイコンライブラリーからもっと多くのフォントや新しい画像にアクセスしたり、コンテンツ分割のための水平および垂直線を描いたり、ダッシュボードやウィジェットのマージンを設定できます。思い通りのダッシュボードを作るために必要な画像やアセットを探し回る必要もなく、指先ひとつでよりよいダッシュボードを作ることができます。近日公開予定。
  • 列名が変更されても、レポートを接続し続ける:列の命名規則を厳密に守るのは難しいことです。今後、列の名前が変更されても、接続されたレポートは影響を受けません。他のレポートを更新する必要はありません。期待通りに動作し続けます。今すぐに利用できます。
  • Work Insightsダッシュボードウィジェット:この新ウィジェットを使うと、トレンド、アクティビティー、ボトルネックの自動分析をWork Insightsとダッシュボードに直接配置できます。Enterpriseプランのユーザーのみ。近日公開予定。
  • メールテンプレートのデザインを一新:ウェルカム、共有、更新依頼など、チームメンバーが必要とする情報を一目で分かるようにメール送信します。私たちは、数多くのSmartsheetコラボレーションメールのテンプレートを再設計し、スキャンしやすく、受信者が詳細を検索せずに、どこにいてもコンテンツに参加、共有、更新できるような文案を提供しました。今すぐに利用できます。

アカウントの管理やセキュリティーを簡単に

  • インサイトの計画:新しい指標と接続ユーザーに関するレポートを始めとして、お客様のSmartsheetアカウント、ユーザー、各々の使用状況をより深く理解するためのセルフサービスリソースの追加に取り組んでいます。近日公開予定。
  • Smartsheetのセキュリティーとガバナンス:各組織がデータの安全性を保つために必要なツールを導入できるよう、セキュリティーとガバナンスに関するサービスを拡充しています。近日公開予定。

これらの最適化は全て、お客様が最も望んでいることを反映したものです。私たちはお客様との会話から、Smartsheetが進化を続けるための洞察を得ています。Customer Advisory Councils、オンラインのCommunity、Early Adopter Program、年次コンファレンスENGAGEなど、いつでも皆様からのご意見をお待ちしております。まだSmartsheetをご利用でない場合は、ぜひお試しください。ご連絡お待ちしております。

上記の内容は、進行中のプラットフォーム計画における序章に過ぎません。Smartsheetを最適化してより多くのことを行うためのカギについて、四半期ごとに詳細をお届けします。

Community at the Product Feedback & Ideasセクションでぜひあなたのアイデアを共有し、私のチーム(製品チーム)と直接やりとりを行ってみてください。あなたにとって最も影響力のある機能に賛成票を投じてください。

四半期後にお会いしましょう!

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

Ben Canning

Senior Vice President, Product Management


この記事はSmartsheet社のウェブサイトで公開されているものをDigital Stacksが日本語に訳したものです。無断複製を禁じます。原文はこちらです。