Smartsheet、2025年第1四半期収益の20%増加を報告

大手企業向けワークマネージメントプラットフォームのSmartsheet社は、4月30日に終了した2025年度第1四半期の決算を発表した。同社の第1四半期の総収益は2億6,300万ドルで、前年比20%増となった。同社のサブスクリプション収益も大幅に増加し、21%増の2億4,910万ドルとなった。プロフェッショナルサービス収益は1,390万ドルとほぼ横ばいだった。

SmartsheetのCEOであるMark Mader氏は、四半期を通じて着実な進歩があったことを指摘し、同社の業績に満足していると述べた。同氏は、エンタープライズ顧客からの需要が高まっていることを強調し、現在72社の顧客が年間経常収益100万ドルを超えており、前年比50%の増加となっていると述べた。Mader氏はまた、将来について楽観的な見通しを示し、近々発表される新製品イノベーション、最新の価格設定およびパッケージングモデル、および市場開拓戦略の刷新により、同社は長期的な成長に向けて準備が整うと述べた。

営業損失に関しては、SmartsheetはGAAPベースの営業損失が1,110万ドル、総収益の4%で、2024会計年度第1四半期の3,210万ドル、総収益の15%から大幅に改善したと報告した。同社の非GAAPベースの営業利益は4,210万ドル、総収益の16%で、2024会計年度第1四半期の2,280万ドル、総収益の10%と比較して増加した。GAAPベースの純損失は890万ドルで、2024会計年度第1四半期の2,990万ドルと比較して増加した。GAAPベースの1株当たり純損失は0.06ドルで、2024会計年度第1四半期の0.23ドルと比較して増加した。

Smartsheetはまた、純営業キャッシュフローが5,010万ドルだったと報告した。これは2024年度第1四半期の3,460万ドルと比較して増加している。フリーキャッシュフローは4,570万ドルで、総収益の17%であった。これは2024年度第1四半期の3,130万ドルで、総収益の14%と比較して増加している。同社は、現金、現金同等物、および短期投資を6億6,950万ドルで四半期を終了した。さらに、Smartsheetは、株主価値を高めることが期待される初の1億5,000万ドルの自社株買いプログラムを発表した。同社の取締役会は、同社の発行済みクラスA普通株式を最大1億5,000万ドル買い戻すことを承認した。自社株買いプログラムは、同社が特定量のクラスA普通株式を取得することを義務付けるものではなく、いつでも一時停止または中止される可能性がある。

出典:Smartsheet


プラットフォーム

ヘルスケア、ライフサイエンス / マーケティング / 建設 / 高等教育 / 金融サービス / プロジェクト管理 / メディア、エンターテイメント / IT、オペレーション / プロフェッショナルサービス / 通信 / エネルギー&ユーティリティー / 非営利団体 / 製造業 / テクノロジー業界 / 地方自治体

認定資格

各種認定資格を取得したスタッフが在籍し、確かな知識・技術を持ってお客様の導入・ご利用をご支援します。

smartsheet_sales_professional

Smartsheet aligned Certified
Sales Professionals

smartsheet_core_product

Smartsheet  Certified
Core Product

smartsheet_solution_professional

Smartsheet aligned Certified
Solution Professional 

Smartsheetの正規販売代理店「DXable」は、あらゆる業界で必要とされる最新のソフトウェアソリューションを調達し、経験豊富なインハウスエキスパートによるITコンサルティングの提供とあわせて、お客様の社内外の共同作業・自動化を進めるプロジェクト管理&コラボレーションをサポートしています。

smartsheet_silver_solutionpartner

Smartsheet aligned Certified
Silver Solution Partner